総コレステロール 遺伝

遺伝で総コレステロールが高くなる事ってある?
Line

遺伝で総コレステロールが高くなる事ってある?


遺伝で総コレステロールが高くなる事は、あります。

代表的なものでは、「家族性高コレステロール血症」と呼ばれているものです。

通常、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)は、「LDL受容体」と呼ばれているタンパク質によって細胞の中に取り込まれ、処理されています。

そのお陰で、血液中の悪玉コレステロールの量は一定に保たれ、総コレステロールの値が高くなる事を防いでいるのです。

けれど、遺伝によってこの悪玉コレステロールの量をコントロールしているLDL受容体の機能に問題があったり、LDL受容体の数が少なかったりする事があります。

すると、細胞の中に悪玉コレステロールを正常に取り込む事ができなくなり、血液中の悪玉コレステロールの値が高くなってしまうのです。

これが、家族性高コレステロール血症と呼ばれているもので、片方の親から受け継いでいるケースもあれば、両親から受け継いでいるケースもあります。

総コレステロール値が高いと聞くと、すぐに肥満や高血圧をイメージするかもしれませんが、遺伝によって高くなっている可能性がある事も覚えておきましょう。

Line

遺伝で総コレステロールが高くなっているなら改善する事はできないの?


遺伝で総コレステロールが高くなっているなら改善する事はできないのかと言うと、改善する事はもちろん可能です。

一般的な総コレステロールの値が高い時の治療と、同じような治療を行う事で数値は改善されます。

運動療法や食事の管理といった事が、メインの治療となるでしょう。

ただ、遺伝によって総コレステロールの値が高くなっている場合、症状が急に悪くなってしまう危険性があります。

その為にも、遺伝が原因で総コレステロールの値が高くなっている際には、早急に治療を開始する事が重要です。

遺伝によって総コレステロールが高くなってしまう症状は、決して珍しい事ではありません。

年齢が若いうちから、総コレステロールが高いと診断された場合には、念の為に遺伝による影響も検査するようにした方がいいでしょう。

総コレステロールの値が高い状態をそのままにしておくと、命に関わる深刻な病気を発症する可能性が高くなります。

Line

遺伝で総コレステロールが高くなっているか調べる方法ってある?


遺伝で総コレステロールが高くなっているか調べる方法は、あります。

まず、最大の特徴は悪玉コレステロールの値が高くなっている事ですが、その他にアキレス腱が太くなっていないか、皮膚に黄色腫と呼ばれるこぶ状のものができていないか、等によって判断します。

また、子供の場合には、まだこのような症状が表れていない可能性があります。

その為、家族の総コレステロールの値を調べたり、親族間で心臓病や心筋梗塞の病歴がない調べたりして、それを判断材料とします。

遺伝の場合には、産まれた時から悪玉コレステロールの値が高くなっているケースが多いので、若い年齢であっても既に動脈硬化が進んでいる可能性があります。

遺伝で総コレステロールの値が高くなっている場合には、早急に適切な治療を開始する必要があるでしょう。


Line