総コレステロール 薬

効果的に総コレステロールを下げるには薬に頼った方がいいの?
Line

効果的に総コレステロールを下げるには薬に頼った方がいいの?


効果的に総コレステロールを下げるには、薬に頼った方がいいかもしれません。

もちろん、まずは食事療法や運動療法を試す必要があります。

その後、どうしても総コレステロールの値が下がらなかったり、あまりにも総コレステロールの値が高かったりする場合には、コレステロールを下げる薬を服用する事になるでしょう。

薬を服用する事によって、コレステロールの値を確実に下げる事ができるからです。

ただ、問題になるのが、コレステロールを下げる薬は一生飲み続けなければならないのか、と言う事です。

確かに、コレステロールを下げる薬との付き合いは、長くなる可能性もあります。

けれど、定期的に検査を行い、医師の診断によって薬が必要なくなるケースもあるのです。

そうなる為には、日々の食事の管理や適度な運動が必ず必要となります。

つまり、必ずしも、薬を一生飲み続けなければならない、といった事はないのです。

総コレステロールがあまりにも高い場合には、健康の為にも薬を頼ってもいいのではないでしょうか。

Line

総コレステロールを下げる薬にはどんなものがある?


総コレステロールを下げる薬には、次のようなものがあります。

スタチン系
・プロブコール系
・フィブラート系

まず、コレステロールを下げる薬で代表的なのが、スタチン系です。

スタチン系は、肝臓中のコレステロールを低下させ、「LDL受容体」と呼ばれているタンパク質の数を増加して、血中LDLを低下させます。

薬の名前としては、クレストール、メバロチン、リピトール、リポバス、ローコールといったものがあります。

プロブコール系は、コレステロール異化促進薬です。

薬の名前には、シンレスタール、ロレルコといったものがあります。

フィブラート系は高脂血症治療薬です。

薬の名前には、ベザトール、ベザリップといったものがあります。

Line

総コレステロールを下げる薬の副作用にはどんなものがある?


総コレステロールを下げる薬の副作用には、次のようなものがあります。

脱力感
・頻尿
・高血糖
・糖尿病
・横紋筋融解症

この中でも、一般的にコレステロールを下げる薬の副作用として知られているのが、横紋筋融解症です。

横紋筋融解症は、簡単に言うと筋肉が溶ける病気です。

筋肉痛のような症状があり、手足に力が入らなくなった場合には、横紋筋融解症を疑います。

もし、尿が赤褐色になったら、すぐに薬の服用を中止して、医師に相談してください。

薬には必ず副作用があります。

けれど、副作用が心配だから、総コレステロールを下げる薬は服用しない、といった事は止めてください。

コレステロールが高い状態がそのまま続く事で、命の危険がある病気を発症してしまう可能性もあるからです。

総コレステロールを下げる薬は、長期間飲み続ける事を考慮に入れて作られています。

その為、一般的には安全な薬だとも言われています。


Line