総コレステロール 食事

食事で総コレステロールが下がるってホント?
Line

食事で総コレステロールが下がるってホント?


食事で総コレステロールが下がると言うのは、ホントです。

一般的に、コレステロールを下げる方法として、食事療法と運動療法が行われます。

この食事療法は、普段から脂っこい食べ物が好きだったり、甘いものを食べ過ぎてしまったり、といった方には、効果的な方法です。

ただ、食事から摂取するコレステロールの量は、体内のコレステロールの約2割とも言われています。

その為、食事によって摂取するコレステロールの値をゼロにしたからと言って、直接コレステロールの値が下がる訳ではありません。

それでも、コレステロールの値が高くなっている場合は、体内のコレステロールのコントロールが上手く言っていない事が多く、コレステロールを蓄積しやすい状態となっています。

約2割であっても、食事からコレストロールの摂取を制限する事は、有効だと言えるでしょう。

Line

総コレステロールを下げるにはどんな食事のレシピがオススメ?


総コレステロールを下げるにはどんな食事のレシピがオススメなのかと言うと、魚や野菜を中心としたレシピです。

特に青魚は、コレステロールを下げる効果の高い、DHAやEPAを多く含んでいます。

その為、積極的に摂取したい食材でもあります。

ブリやイワシ、サバ、サンマといった青魚を取り入れた食事を、するようにしましょう。

野菜もまた、抗酸化作用のある栄養素が多く含まれていて、血液をサラサラにしてコレステロールを下げてくれます。

特に、人参やカボチャ、ほうれん草、トマトといった緑黄色野菜は、積極的に摂り入れるようにしましょう。

反対に、肉を中心としたレシピは、どうしても摂取するコレストロールの量が高くなってしまいますので、注意してください。

Line

不規則な食事をしていたら総コレステロールが高くなるってホント?


不規則な食事をしていたら総コレステロールが高くなると言うのは、ホントです。

食事が不規則になってしまうと、どうしてもコンビニのお弁当やインスタントの食品を食べてしまうようになります。

すると、魚や野菜が不足してしまうのです。

このような食事を続けていると、徐々にコレステロールが体内に蓄積していき、血液中の値も高くなるのです。

野菜の代わりに果物を食べればいいのでは?と言う方もいらっしゃいますが、果物は糖質が多くなっています。

その為、食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまうので、野菜の代わりにはなりません。

やはり、規則正しい食生活を心掛け、いろんな食材をバランス良く食べる事が、コレステロールを下げる事に繋がると言えるでしょう。


Line